【衝撃告白】海外で日本人に騙された!?悲しい過去をワーホリ・留学予定者のために公開します!

f:id:iammrsgreen:20190701183655p:plain

 

海外で生活をしていると言うと「羨ましい」「楽しそう」「自由そう」と言われることが多々あります。

確かに、自分たちが望んでいた海外生活をスタートさせたということもあり、基本的には楽しいし満足しています。

日本にいたときは海外に行きたい!という気持ちをモチベーションに働いていたので、(まだまだこれからの野望も多いですが)ひとつ夢が叶ったとも言えます。

しかし、どこで暮らしても悩みやストレスはあるものです。それは日本にいても海外にいても一緒なんですね。

 

今回は、海外生活を始めてから色々な日本人と出会い、その中でショックを受けた出来事をご紹介します。

日本人に助けてもらったり、素敵な出会いがあったことも事実です。

しかし残念ながら「日本人の敵は日本人なの?」と思うこともいくつか経験しました。

今回はその闇の部分を暴露したいと思います!

 

私たち夫婦が経験したことと、友人が経験した実話を今回載せていきますが、どうしても身バレしそうな情報はふんわりさせるなどしますので、その点だけご了承ください!

海外の日本人コミュニティは狭いから、身バレしやすいんだ

 

 

 

ファーム探しは要注意

オーストラリアにワーホリで来た人にとって、ファームジョブ(農業の仕事)を探すことはけっこう重要なことだと思います。(ファームジョブの必要性についてはこちらの記事で触れています。)

 

正直、ファーム探しは簡単ではありません。なぜなら信頼できる人からの情報が命だからです。ファームジョブはアタリハズレが激しい職場で、実際に経験した人からの話を聞くことが必須といえます。

実際によくあるトラブルとして、事前に聞いていた労働時間や賃金と違うということが頻発しているのです。

 

ファーム情報は色々なところに溢れています。Facebookをはじめ、DENGON NETやGo豪メルボルンなど、日本人向けのオーストラリア情報サイトがいくつかあるので、探すのにそう苦労しません。

しかし、そこに掲載されている情報とは異なる労働環境や賃金だったという話はたくさん聞きますし、夫もその経験をしたひとりです。

 

オーストラリアに来てすぐの頃で、私たちにはまだ知り合いもたくさんいませんでした。

ネットでファームを調べ、募集していた日本人にコンタクトを取り、

稼働日・労働時間・アコモデーション(宿泊施設)の費用・給料・持ち物 などすべてを確認しました。

その説明に不安はなかったこと、感じの良い相手だったことからそのファームに行くことに決めました。

しかし、行ってみるとそこは恐ろしく劣悪な環境でした。

 

夫を待ち受けていた劣悪な環境とは
  • 労働時間は、休憩時間5分ももらえないまま10時間〜12時間ぶっ通し
  • 当初聞いていた給料の半分以下
  • 格安でもないのに、Gや虫、透明ではない水が出る最悪な小屋に寝泊まり
  • 真面目に働いていてもオージーのオーナーから罵倒される(Fワードも)
  • まだ暗い早朝からの作業でヘビや毒グモに気付けない・命の危険を感じる

夫には「頑張った分だけ稼げるなら続ける」という選択肢があったようですが、全然稼げないし劣悪な環境でとにかく心配だったので、1週間で辞めてもらいました。

オーストラリアの田舎には有名な毒グモが生息しています。冗談抜きで命の危険を感じる状況で働き続けるのはリスクが高すぎると思いました。

夫は募集をしていた日本人に「話が違う」と訴えましたが、その人は「オージーのオーナーに決定権があるから」とまったく聞く耳を持ってくれませんでした。事前に聞いていた

・稼げる

・ちゃんとしたアコモデーションがある

・労働時間は日によるが8時間くらい

・休憩あり

・買い物する場所も近くにある

・たくさんの仲間がいる

これらすべて嘘でした。

 

ファームはきつい仕事が多いのですが、

  • アコモデーションのお金をまとめて払っている
  • 車がないと最寄り駅まで行けない
  • また次のファームを探すのが大変

このような理由ですぐに仕事を辞められず、劣悪な環境下の中で継続して働く人もいるのが現状です。

なので、募集する側としたら来させてしまえば勝ち的なところがあります。そのため、日本人がうまいこと言って日本人を誘い込みます。日本人は日本語の求人から探そうとするので、日本語で話も聞けて「ここはちゃんとしてそう」と安心してしまうんですよね。

しかしそれは仲介に入ってマージンを稼ぐ悪い人かもしれません。日本人同士だからといって安心してはいけないと思った出来事でした。

 

じゃぁ良いファームをどうやって探したら良いの???

それにはファームに行った人からの口コミ・紹介がいちばんです。

友達の友達からでもいいので、必ず行った人の情報を聞きましょう。そして、良さそうだった場合にはなんとか紹介してもらいましょう。

私たちもその後いろいろなツテを当たっていってわかったのですが、

人気のファーム(=優良ファーム)は口コミや紹介でいっぱいなんです。待機がいるところもありました。

ですから、基本的には求人広告を出していません。きちんとしたファームなので紹介だけで人は集まってくるからです。

 

しかし当然ながら、求人を出しているファームがすべて劣悪なわけではないでしょう。

そして、日本人が間に入っている=騙されるということでももちろんありません。

ただ、そういった例もあるのでファームを探す際は十分に注意してくださいね、ということです。

 

常識を逸した賃金で働かされてショック死寸前!

これは、身バレ危険注意報が出ているので詳しくは話せません。しかしどうしても危険性は伝えておきたいので詳細を伏せてお伝えしたいと思います。

 

こっちに来て半年ちょっと経った頃、私も何かしら働いて少しでも収入を得たいなと思った時期がありました。

日本語のオーストラリア情報サイトの求人を見て、ジャパレス以外の仕事に応募しました。その時点では給与は明記されていませんでした。

それ自体はよくあることで、求人広告に給与の記載がないことは多いです。以前の記事にも書いたように、最低賃金が守られていないところが多いからだと思います。

 

そして面接に行き、その仕事が1勤務につき25ドル(約1,888円 ✳︎1AUD=75.515JPYで計算)だと説明されました。仕事の内容的に、早く終わるときもあれば時間がかかるときもあるということです。

実際にやってみないとどのくらいの時間がかかるのかわからなかったので、ひとまずは働いてみることに。本当に早く終えることができれば、良い給料の可能性もありますからね。

しかし・・・

トライアル(無給)含めて2回働きましたが、

実際にかかった時間は約4〜5時間!!でした。

時給にしたら378円です・・・

 

最低賃金1700円のオーストラリアで!時給378円!!!!

詐欺すぎませんか…

この仕事、実際の業務のみであれば2〜3時間で終わりますが、それ以外にも付随する業務があり、その説明が面接の時点でまったくされていなかったんです。

これは有り得ないなと思い、すぐに辞めました。一緒に働いた人の中には、辞めづらい・ほかの仕事が決まるまでの繋ぎと言ってしばらく続けている人もいました。それが現実です。

私はさすがに同じ日本人にこんな扱いを受けて、心から悲しかったです。

 

 

ジャパレス給与未払いに屈してはいけない

最後にご紹介する話は、友人の身に起きた出来事です。

ジャパレスで働いていた彼はある日、時給も安く人間関係も良くなかったそのお店を辞めたいと店長に申し出ました。

そして言われたのが

「突然辞めるんだから、今週分の給料は払わないよ」

だったそうです。(✳︎こっちの給与は、週払いや2週間払いが多いです)

 

彼は悩み、もう給料を諦めようかと私に相談してきました。

しかし、働いた分はもらう権利があるのは当然です!!

「もし支払ってもらえないならフェアワークに相談します」と店長に伝えるようアドバイスしました。

そして無事に働いた分の給与を受け取ることができたのです。

 

このフェアワークとは、オーストラリアの労働基準監督署のような機関です。日本語の通訳もいるので、英語で説明できなくても相談できます。

フェアワークの存在を知らないワーホリの人が多いので、今回登場した悪質な経営者は平気で法外な賃金を提示したり、未払いにしようとしたりしてきます。

しかし、このようにきちんと訴える機関があるということを把握し、もしものときには相談できることを覚えておきましょう。

 

ちなみに私たちも、あまりにファームの賃金が労働に対し見合っていなかったのでフェアワークに相談し、お金を追加で支払ってもらうことに成功しました!

 

おわりに

こういったことを経験し、ショックももちろん大きかったですが、とても勉強になりました。

日本での社会人経験も長く、ましてや私は30代ですし、さすがに海外に来て日本人に騙されるなんて思ってもみなかったです。

相手も「騙そう」という気持ちはないのかもしれません。

しかし海外生活初心者をうまく言いくるめ、法外な賃金や劣悪な環境下に平気で誘い込む彼らは、確実に海外初心者をエサにしていると思います。

私たちは今でこそそれなりに安定した生活を送ることができていますが、来たばかりの頃は海外生活って簡単ではないなと強く感じました。

 

あまりこういった記事を書くのは気が引けたのですが、やはりこれは経験としてみなさんに共有し、今後同じような思いをする人を減らしたいという気持ちで公開することにしました!

初めての海外生活では慣れないことが多く、ときに判断能力が鈍ってしまうこともあると思いますので、ぜひそのときはこの内容を思い出してみて頂ければ幸いです! 

こんなこと以上に、海外生活は楽しくて刺激的な世界が広がっています!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ

 

合わせて読みたい