ニシアフの寒さ対策!温度管理はどうする?暖突?パネヒは必須?

ニシアフ,ニシアフ冬,ニシアフ温度管理,ニシアフ寒さ対策,ニシアフ温度,ニシアフ暖突,ニシアフパネヒ ニシアフ

日に日に寒くなってきましたね。そろそろリビングでもストーブをつけたいと思い始めている我が家ですが、なんと言っても問題なのはニシアフちゃんたちのお部屋です。

うちのニシアフちゃんたちは、エアコンのない小さなお部屋のシェルフにいます。夏は部屋自体の温度もけっこう高かったのでパネルヒーターのみで大丈夫でしたが、冬は到底耐えられません。

上部から温めるヒーターも1つは持っているのですがそれだけでは足りないので、色々と試行錯誤し、これからやってくる寒い冬に備えるべく準備しています!

備忘録も兼ねて記録しておきたいと思いますので、この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

まずは温湿度管理から

寒さ対策を始める前に、まずは「その温湿度計、合ってますか?」
ぎくりとしたのは、はい、私です。

うちには5匹のニシアフがいるのですが、それぞれのケージに入れている温湿度が全員バラバラだったんです・・・。
ひとつはペットショップで買ったビバリアのツインメーターを使っていたのですが、そのほかの4つは100均で購入したもの。

ニシアフ温湿度計,温湿度計,温湿度計爬虫類,温湿度計100均,温湿度計おすすめ

ぴったり合っていなくても特に気にしなかったのですが、温度は3度前後、湿度は10%以上違うこともあり、毎日記録をつけて比べていたのですがいよいよ何も信じられなくなってしまいました。

そして以前から気になっていたSwitchBot(スイッチボット)の温湿度計に統一することに!

選んだポイントとしては

・デジタルだと一目でわかりやすい
・そのまま置くことも、マグネットで付けることもできる
・電池残量も表示されているので交換時期がわかりやすい
・温湿度の記録がグラフで見やすい
・記録が無制限に残せる
・家の中の別室にいても温湿度を把握できる

ざっと挙げただけでもこれだけありました!と、いうことで迷わず購入です。

ニシアフ温湿度計,温湿度計,温湿度計爬虫類,温湿度計100均,温湿度計おすすめ,温湿度計デジタル,SwitchBot,SwitchBot温湿度計,スイッチボット ,スイッチボット温湿度計

向かって左がAmazon、右がカインズで購入したものです。箱のサイズが違いました。
中身はおんなじ。こんな感じで設置しています。

ニシアフ温湿度計,温湿度計,温湿度計爬虫類,温湿度計100均,温湿度計おすすめ,温湿度計デジタル,SwitchBot,SwitchBot温湿度計,スイッチボット ,スイッチボット温湿度計

床に直接置いても安定しています

ニシアフ温湿度計,温湿度計,温湿度計爬虫類,温湿度計100均,温湿度計おすすめ,温湿度計デジタル,SwitchBot,SwitchBot温湿度計,スイッチボット ,スイッチボット温湿度計

付属のマグネットプレートをつけて浮かせるとこんな感じです

いずれは外出先からもチェックできるようにしたいなぁと思い、ついでにSwitchBotのハブも購入しました。

ニシアフ温湿度計,温湿度計,温湿度計爬虫類,温湿度計おすすめ,温湿度計デジタル,SwitchBot,SwitchBotハブミニ,スイッチボット ,スイッチボットハブミニ,
今のところ旅行や長期の留守がないのでまだ活用していませんが、どんな感じなんでしょう…。
外から温度チェックできても意味ないのかなぁ、とやや不安ですが、使用したらレビューしたいと思います。

とりあえずSwitchBotの温湿度計は、買って正解でした!大満足です!

 

暖突(だんとつ)をケージ上に設置する

全員のケージ内の温湿度がきちんと把握できている安心な状態になったので、ひとまず暖突を買い足すことにしました。
1匹目をお迎えしたときに1つだけ買っていたのですが、それだけでは足りません。

暖突(だんとつ)は上部からじんわり暖めてくれるタイプのヒーターです。安心の日本製で、霧吹きOK、湿気が必要なトカゲにも向いているとうたわれています。

暖突,ニシアフヒーター,爬虫類ヒーター,ニシアフ寒さ対策,ニシアフ温度

S、M、L、ロングサイズがあるので、ケージのサイズに合わせて購入するのがいいですね。
我が家のアダルトのニシアフは大きめのケージで過ごしているのと、ベイビー&キッズはケージが小さいのでLサイズ1つで2つのケージ分をまかなっています。

暖突,ニシアフ暖突,暖突爬虫類,ニシアフ温度,ニシアフ温度管理,ニシアフだんとつ

 

パネルヒーターも併用

ニシアフケージの下用にパネルヒーターを持っていたので、それはシェルフの一番下の段のみに使用しています。

なぜならそれより上の段は、下段の暖突と上段の暖突の間に挟まれる形になるからです。

暖突,ニシアフヒーター,爬虫類ヒーター,ニシアフ寒さ対策,ニシアフ温度,ニシアフ暖突

暑くなりすぎないか心配でしたが、これが意外と大丈夫。
ケージのフタがメッシュで通気性が良いことと、ケージ自体が大きいので暑くなりすぎません。
もちろん、暖突が当たらない場所(逃げ場所)もあります。

パネルヒーターはピタリ適温プラスを使っています。成長に合わせてケージを大きくしているので、大きめサイズを選びました。

 

ビニールクロスでシェルフを囲って断熱

網目の大きいシェルフを使用しているので、暖突とパネヒを設置しても暖かさが逃げてしまいます。
シェルフの周りを囲って断熱しなければと思い、準備したのはビニールクロス(ビニールカーテン?マット?)です。

ニシアフ断熱,ニシアフ冬,ニシアフ温度管理,ニシアフ寒さ対策,ニシアフ温度

Amazonや楽天で調べつつ、実際に現物を見てから決めたいと思い、カインズで購入しました。そのほかのホームセンターにもあると思います。

以前100均で買った銀色の断熱シートを使ったことがあるのですが、なんとも見栄え的に納得できず・・。今回は透明で見た目も気にならない厚さ1mmのビニールクロスにしました。
ややビニール臭さはあるものの、見た目もすっきり、断熱効果にも満足しています。

ニシアフ断熱,ニシアフ冬,ニシアフ温度管理,ニシアフ寒さ対策,ニシアフ温度,ニシアフビニール

 

オイルヒーターで部屋を暖める

これまでの対策でケージ内の温度はある程度保たれています。

しかし真冬にはこれだけでは心配です。我が家は古い木造一軒家なので、シェルフのある部屋の温度が急激に下がる可能性があります。
ということで部屋全体を暖められる暖房器具を買うことにしました。

検討の結果、アイリスオーヤマのオイルヒーターに決定。

ニシアフ断熱,ニシアフ温度管理,ニシアフ温度,ニシアフ冬,ニシアフオイルヒーター,ニシアフ部屋
オイルヒーターを選んだ理由としては、エアコンやストーブよりも乾燥しにくいということと、エコモードがあるのが良かったからです。
ついでに便利なタイマー機能付きにしました。

今は試運転のみで、今後部屋の温度が下がってきたら本格的に使おうと思います。

 

おわりに

こんな感じで、初めてのニシアフちゃんたちの冬越し対策は万全です!

暖突、パネヒ、ビニールクロス、オイルヒーターで、安定の温度を保って快適に過ごしてもらいたいと思います。

また何か必要になったらちょこちょこ改善していくつもりです。

タイトルとURLをコピーしました