カフェの街メルボルン!オーダーで焦らないようにコーヒーの種類を予習しよう

私は今、オーストラリアのメルボルンに住んでいます。メルボルンは「オーストラリアにおけるコーヒーの首都」と呼ばれるほど美味しいカフェがたくさんある街で有名なのですが、みなさんご存知でしたか?

メルボルン カフェ オーストラリア 

街には本当にたくさんのカフェがあり、その数は数え切れないほどです。世界中からバリスタの修行に来るなんて話も聞きますし、実際バリスタのコースを開講している学校もたくさんあります。

メルボルンのガイドブックにも必ずと言っていいほど「カフェ巡り」が載っていますよね。

有名なお店もあれば隠れ家みたいなお店もあり、本当にカフェ好きにはたまらない街なんです!

今後少しずつ、私が行ったカフェを紹介していきたいなと思っているのですが、今回はまずメルボルンのコーヒーの種類についてまとめておきたいと思います。

 

 

【はじめに】私、コーヒーの味よりカフェの空間が好きなんです

私はカフェが大好きで、日本にいたときもカフェの多い街に住んでいました。

でも実は、コーヒーの味に強いこだわりがあるわけではありません。どこ産のお豆とか、特別なブレンドとか、抽出方法とか、苦味とか甘みとか酸味とか、正直あまりよくわかりません。大体のものは「美味しいな」と感じます。

 

えーじゃぁなんでカフェ好きを名乗ってるのー?

それは、カフェのあの空間が好きだからだよ!

 

雰囲気の良いステキな店内で過ごすゆったりとした時間、コーヒーの香り、ショーケースに並ぶスイーツやパン、おしゃれな店員さん、常連のお客さん、目にも美味しいフード、カフェのオリジナルグッズ などなど、それらすべてまとめてあの空間がたまらなく好きなんです。

なのでカフェに限らず、内装のステキな喫茶店やティールーム、落ち着いた空間とは言えないけれどコーヒースタンドも大好きです。

 

ですからごめんなさい、味云々についてはあまり参考にならないかもしれません。

「カフェ好きがオススメするんだから、さぞ美味しいコーヒーを詳しく紹介してくれるだろう」と思われてしまっては困るので先に言っておきます。私はカフェ空間好きですので詳しいコーヒーの説明はできません

ただ、メルボルンのコーヒーは本当にどれを飲んでも美味しいので安心してください。ここではマズイコーヒーを探す方が難しいと言われているくらいなのです。

 

初めてのカフェの注文でこんな失敗

私がメルボルンに来て初めて頼んだコーヒーは「アイスコーヒー」でした。夏に来たので、とりあえず冷たいコーヒーが飲みたかったんですよね。

しかしいざ注文のとき、なかなか「アイスコーヒー」が伝わりません。多分あのとき「コールドブリュー?」と聞かれていたのだと思うのですが、それが何かすらわからなかったので、アイスコーヒーの一点張りで粘りました。そしていよいよ伝わったという感触があったのですが、最後に

(店員さん) アイスクリーム乗っければいい?

(えーなになに?もうよくわかんな〜い!)  イ…イエス…

そうして出てきたのは・・・

アイスブッラクコーヒーにアイスクリームが乗っかったものでした。

えーと、アイスコーヒーって、アイスクリームが乗っかってるって意味なの???

その後調べてみたら、どうやらそのようです。こっちでいうアイスコーヒーは

アイスカフェラテにアイスクリームとホイップクリームが乗ったもの

が主流ということがわかりました。(お店によってちょっとずつ違うみたいですが)

 

む…難しい!アイスコーヒーひとつ頼むのがこんなに難しいなんて!!とっても楽しみにしていたカフェ巡りに暗雲がたちこめました。

 

これで注文は怖くない!オーストラリアのコーヒーの種類 

ということでオーストラリアでコーヒーを注文するときに困らないように、コーヒーの種類を少しご紹介します。

 

オーストラリアのコーヒーは、大きく【Black ブラック】と【White ホワイト】にわけられます。ブラックはその名の通りブラックコーヒー。ホワイトはミルク入りのコーヒーを指します。

 

【Black ブラック】

ショートブラック(Short Black)

オーストラリアのブラックコーヒーはエスプレッソのことです

小さなデミタスカップで出てくるあれです

 

ロングブラック(Long Black)

エスプレッソ + お湯

日本でいうところのブラックコーヒー(アメリカーノ)です

 

フラットホワイト(Flat White)

エスプレッソ + 牛乳(スチームドミルク) 

オーストラリアでは定番!

 

ラテ(Latte)

エスプレッソ + 牛乳(スチームドミルク+ 牛乳(フォームドミルク)

日本人におなじみのカフェラテです

カプチーノと比べてスチームドミルクの量が多め

 

カプチーノ(Cappuccino)

エスプレッソ + 牛乳(スチームドミルク+ 牛乳(フォームドミルク

ラテと似ていますがカプチーノはそれぞれのミルクが同じ量ずつ入っています

チョコレートパウダーがかかっています

 

マキアート(Macchiato)

エスプレッソ + 少量の牛乳(フォームドミルク)

 

モカ(Mocha)

エスプレッソ + 牛乳(スチームドミルク)+ チョコレート + 上にフォームドミルク

ホイップクリームを乗せるお店もあります。甘い飲み物です

 

【アイス部門】 

アイスロングブラック(Iced Long Black)

エスプレッソ + 水 & 氷

これが日本でいうアイスコーヒー

 

コールドブリュー(Cold Brew)

水出しコーヒー

日本でもおなじみ 

 

アイスラテ(Iced Latte)

エスプレッソ + 牛乳 & 氷

 

アイスコーヒー(Ice Coffee)

アイスカフェラテ + アイスクリーム & ホイップクリーム

お店によってはホイップなしのところもあったりと多少バラつきあり

 

これで大体の注文は大丈夫でしょう!

ちなみに私はすっかりフラットホワイトが気に入ってしまいました。 

メルボルン カフェ オーストラリア ラテアート フラットホワイト

 

私は旅行に行く前に必ず、その土地のオシャレなカフェを探してから行きます。ガイドブックに載っているところも行ってみたいし、それ以外のお店も行けたらテンションが上がります!

カフェ巡りって楽しいですよね!

今後色々なカフェを紹介していきたいと思っていますので、ぜひ旅行やワーホリ・留学の参考にしてみてくださいね。