有名カフェよりご近所カフェ!地元民に愛される穴場カフェをレポートします

メルボルンのカフェの中でも有名店と呼ばれるお店がいくつかあります。「メルボルン カフェ」で検索すると大体「ここは有名!」「絶対はずせない!」など出てきますので、そこももちろんカフェ好きさんは抑えておくと良いでしょう。やっぱりみんなが美味しいって言っているところですからね。気になりますよね。

 

しかし実は私は、あまり有名店と呼ばれるところには行っていません。

えーなんでよ!有名店は行ってみるべきでしょ!

そうだよね。でもカフェを発掘するのも楽しみのひとつなんだよ!

有名店はみんな行っててたくさん情報も出てきますし、せっかく海外にいるのに日本人に会うことも多いです。ここはマズイコーヒーを見つける方が難しい場所なので、どうせならみんなが行ってる定番のお店より近所にあるカフェから攻めてみよう!と思いました。

 

というわけで今回は、私が行ったご近所のステキカフェをご紹介します!

 

 

  

オークション・ルーム(AUCTION ROOMS)

メルボルン カフェ オーストラリア 

家から徒歩圏内にステキなカフェがないかと探していたところ、見つけてしまいました!

この外観からしてオシャレです!車が停まっていて見えにくいですが、海外ではみんな大好き、外席もあります。

朝食を食べようと朝8時頃行ったのですが、店内には既に地元の方がたくさん来ていました。

 

メルボルン カフェ オーストラリア 

バリスタエリアはお店の真ん中にあります。次々に入るコーヒーの注文をひとつひとつ丁寧に捌いている姿を、店内のどこからでも見ることができますよ。

店内の雰囲気もとてもステキです。外の光が差し込む大きな窓、木の温もりとレンガ、存在感のある照明が調和したモダンな空間が広がっていました。

また、奥の白い扉の先にはコートヤードと呼ばれる中庭のスペースがあるんです。一般席としても使われますが、予約をして貸切で使うことも可能だそうです。

 

そしてこの日、朝食に選んだのはこちら。

メルボルン カフェ オーストラリア フード

見た目、オシャレすぎません?

そして見た目だけでなく、味もとっても美味しかったです。ひとつひとつ丁寧に作られている感じがしました。お値段AU$ 21(日本円で約1,700円)です。ちょっと高いような気もしますが、メルボルンは物価が高いと聞いていたので、そこはそういうものということで受け入れましょう。

ひとつこっちに来て思ったのは、料理のボリュームはそんなに多くないということです。海外といえば料理のボリュームがすごい!というイメージがありましたが、それは国によるんですね。アメリカンサイズを想像していたら全然違いました。オーストラリアンサイズはどこもそんなにビッグサイズではないと感じています。

 

こちらはヒツジさんのチャイラテ。香りも良く程よいスパイシーさです。

メルボルン カフェ オーストラリア 

私はもちろんフラットホワイト。ラテアートがかわいいです。

メルボルン カフェ オーストラリア フラットホワイト ラテアート

お味ももちろん美味しかったですよ。飲んだ瞬間フワッと香りが広がって「美味しい…」と呟いてしまうくらいの感動がありました。

あとから知ったのですが、ここではメルボルンの有名カフェ「ST. ALi(セント アリ)」のオーソドックスブレンドを使用しているそうです。

 

場所

住所:103-107 Errol Street, North Melbourne, Victoria, 3051

行き方:メルボルンCBD エリザベスストリートから57番のトラムに乗って「ノース メルボルン タウンホール」で下車 徒歩2分。✳︎フリートラムゾーン外です

 

営業時間

月〜金 7:00-17:00・土日 7:30-17:00 

✳︎変更の可能性もありますのでお出かけ前にチェックしてください

ウェブサイト

Auction Rooms Cafe | Coffee, Breakfast, Brunch, Lunch in North Melbourne.